仕事でタイピング速度はどのくらい求められるか?


 

f:id:kyds:20180130175344j:plain

 

デスクワーク系の仕事では、

タイピングの速度は目安として

どのくらい必要なのでしょうか。

 

タイピングの速度は計って

数字で表すことができます。

 

今の自分のレベルも

測定サイトで計ることができます。

 

【仕事別】タイピングの速度の目安は?

 

一般的な事務職や

デスクワーク系の仕事では

タイピングのスキルが

ある程度必要です。

 

在宅ワークで

データ入力を選んだ場合は

速度によって報酬に差が出ますので、

速い人が断然有利です。

 

f:id:kyds:20180131082910j:plain

 

一般事務では、

大体1分間に

100文字程度入力できれば

合格圏内だといわれています。

 

データ入力など

スピード重視の仕事では、

もう少しスピードが求められます。

 

派遣などの仕事に応募すると、

面接時にスキルチェックがあります。

 

スキルチェックでは

日本語入力と

テンキー(数字)入力の

両方のテストが行われます。

 

テンキー入力に関しては、

1分間150文字くらい

打てるスキルが必要です。

 

もしタイピングに自信がなければ、

ネット上のタイピングゲームで

楽しんで腕を磨くことができます。

 

ホームポジション意識とタッチタイピングが重要

 

タイピング業務では、

スキルとして

速度と正確性が求められます。

大事なことは他にもあります。

 

タイピングスキルを上げる為に必要なこと

 

  • ホームポジションの場所を知っている
  • タッチタイピングができること

この2つは最低限

マスターしたほうがよいでしょう。

 

ホームポジションとは

 

速く正確にキーを打つために

「基本となる指の置き位置」

があります。

 

その両手を正しく置く位置を

ホームポジションといいます。

 

ホームポジションを守れば

打てるキーの数に差が出てきます。

 

ホームポジションの両手の置き方は下記です。

 

f:id:kyds:20180130192203j:plain

 

キーボードをよく見ると、

真ん中あたりにある

と「のキーの上に

突起がついています。

 

その2つの突起のあるキーに

両手の人差指をのせて、

以降は中指~小指まで

全ての指を配置します。

 

基本的には

と「のキーを

突起を目印に、

感覚として覚えておき、

 

いつでも人差し指を基準

ホームポジションに戻る習慣をつくれば、

全ての指を瞬時に

正しい位置に戻すことができます。

 

もう一つ重要なのは

「タッチタイピングができること」です。

 

手元を見ずにタイピングをすることを

タッチタイピングといいます。

 

姿勢は前を向いたままで

画面のみを見てタイピングを続けます。

 

  • 「ホームポジション意識」
  • 「タッチタイピングをマスターする」

 

この2つができるか否で、

タイピングの腕が上がることは

証明済です。

 

タイピングの練習サイトと速度測定サイト

 

タッチタイピングをマスターして

タイピングの速度を

上げるためには

毎日の練習が欠かせません。

 

楽しく長期的に

練習を続けるために、

ネット上にも数多くの

タイピングサイトやゲームなどがあります。

 

 

おすすめタイピングサイト

 

  • MyTyping  ・・初心者におすすめ
  • e-タイピング ・・1分間に何回の速度かチェックできる
  • 寿司打 ・・人気の楽しんで練習できるゲーム

 

タイピングチェッカーサイト

 

 

おすすめサイトの他にも

「タイピングゲーム」

「タイピング 練習」

と検索すればたくさん出てきますよ。