【PC通∞事典】時間がないPC初心者にもわかりやすく伝えたい

幅広いPCの知識や基礎的なことを初心者向けにわかりやすく解説します。PCで調べたいことや困ったことがサクッとわかる内容です。

【kbpsの音質の違いについて】mp3の320kbpsって音質はいいの?


 

f:id:kyds:20180830150423j:plain

 

音楽で扱うkbpsとは?kbpsの読み方は?

 

音楽のmp3ファイルなどで

用いられるkbpsとは、

 

  • 「キロビット・パー・セコンド」

 

が正式名です。

覚えにくいので、

 

  • 「キロ・ビー・ピー・エス」

 

と言われることが多いです。

 

kbpsは、

 

  • ビットレート

 

と呼ばれていて、

 

  • 「1秒当たりの通信データ量」

 

を示します。

 

音のデータを再生させる時に

流す音の量です。

 

「1秒あたりのデータ量」

が多いと音質がよく、

沢山の音がつまっている

といえます。

 

つまりkbpsの数字が多いほど

音質が良くて、

原音に近いと言えます。

 

逆に、kbpsの数字が小さいと

その分多くの音が削られていたり

圧縮されているので、

音質は悪くなると考えて

間違いありません。

 

WAVファイルとmp3の音質と容量の違い

f:id:kyds:20180830150844j:plain

 

Cubaseなどの

音楽作成ソフトで

作った音楽は、

WAVの書き出しができます。

 

WAVファイルとは、

CDの音質そのままの

圧縮していないファイルで、

容量は大きいです。

 

CDにするときには、

 

  • サンプリング周波数 :44.1kHz
  • ビット深度:16bit
  • ビットレート:1411kbps

 

のWAVファイルが用いられます。

 

「サンプリング周波数」とは、

アナログの音の波形

(音はアナログ)を

デジタルデータに変換するために

必要な処理を、

 

1秒間に何回行うかを

表す数値です。

Hz(ヘルツ)で表します。

 

また、そのサンプリングしたものに

どれだけ情報量を与えるか

という事を「ビット深度(bit)」

で表します。

 

 

ビットレート(bps)=

サンプリングレート(Hz)× ビット深度(bit)

です。

 

 

bpsとは「1秒あたりのデータ量」のことですが、

 

サンプリングレートと

ビット深度が共に高いと

ビットレート(音のデータ量)が

高くなり、音が良いといえます。

 

24bitのビット深度であれば

ハイレゾ音源と言われ、

すごく心地よいと感じるほど

綺麗な音で音楽鑑賞ができます。

 

ビットレートが高いと、

波形がなめらかで広域に広がり

元の音源に近くなります。

 

逆にビットレートが低いと

ザラついた音質に感じます。

 

WAVとmp3のkbpsの容量について

f:id:kyds:20180830151552j:plain

 

4分のWAVファイルを

作曲ソフトで作ったとします。

 

※ビットレート=「1秒当たりの音のデータ量」

=(サンプリングレート(Hz)✕ビット深度(bit))

です。

 

4分のWAVファイル

(ビットレート:1411kbps)

の容量は、

 

  • 42.7MB

 

でした。

 

この4分程のWAVファイルを

MP3ファイルに圧縮した場合、

 

ビットレート:320kbpsなら

容量は、

 

  • 9.69MBでした。

 

ビットレート:128kbpsでは、

容量は

 

  • 3.87MB

 

でした。

 

mp3とWAVファイルでは

容量の差は大きく、

WAVファイルのほうが

断然容量が大きくなります

 

mp3プレーヤーなどで

沢山の曲数を入れたければ、

よりビットレートの低い

ファイルを入れたら楽しめます。

 

音質重視で

こだわりを持っているなら、

mp3ファイルの中でも

圧縮率の低い192kbps~320kbps

のファイルを使うとよいでしょう。

 

mp3のkbpsそれぞれの種類と音質の違いとは?

 

f:id:kyds:20180830151856j:plain

 

mp3のkbps(キロ・ビー・ピー・エス)

は何段階かに数字を分けられます。

 

※kbps(ビットレート)=

「1秒当たりの音のデータ量」

=(サンプリングレート(Hz)× ビット深度(bit))

 

  • 64kbps:音質が悪いと感じる可能性有
  • 80kbps:64kbpsとあまり変わりなく聞こえる
  • 96kbps:まだまだ音質が悪いと感じる
  • 128kbps:64kbpsと比べると
           音質がいいと感じる
  • 160kbps:CDの音質と
           あまり差がなく聞こえる
  • 192kbps:ほぼCD並みに音質がいいと感じる
  • 256kbps:高音質だと感じる
  • 320kbps:音質は良いと感じる。
                     こだわる人向け。

 

CDと同じくらい

音質良く聞きたい場合は、

160kbps以降のmp3ファイルを

使うとよいでしょう。

 

音質にこだわる派の人にとっては、

64kbpsなどは音質が悪いと

はっきり感じますし、

96kbpsでもまだまだ悪いと

感じるはずです。

 

せめてmp3ファイルで

音楽鑑賞する場合、

128kbps以降のファイルで聞くと

音質はわりかし良いかなと

感じるでしょう。

 

高級なヘッドホンやイヤホンなどで

聞きたいこだわり派の人への

おすすめは、320kbpsです。

 

つまりmp3の320kbpsの音質が最もおすすめか?

f:id:kyds:20180830152237j:plain

 

mp3で音楽を聞く場合、

128kbpsのデータ量であれば

十分聴き応えがあり、

高音質に聞こえます。

 

128kbpsであれば、

MP3プレーヤーなどに

沢山曲が入りますし、

音質より「曲数重視の人」には

有りだと言えるでしょう。

 

ですがCDより

やや音質が劣るなと

感じるかもしれません。

 

192kbps以降になると、

320kbpsなどは特に、

WAVファイル(1411kbps)

とほぼ違いがわからないほどの

音質です。

 

より高音質を楽しみたい人は、

320kbpsの音質で

楽しんだ方が良いです。

 

256kbpsと320kbpsだと、

聴き分けることは難しくなります。

 

曲数も重視して

音質にこだわるなら

256kbpsが良いかもしれません。

 

音楽を本当の意味で楽しんで

沢山聞きたいという人には

256kbpsもしくは320kbps

最もおすすめです。