インターネットFAXって何?


インターネットFAXとはどういう仕組みなのか?

 

 

 

f:id:kyds:20180123131351p:plain

 

 

 

少し前の時代まで

FAX機器という機械があって、

届いたメッセージを

紙に印刷して確認するという流れが

FAXの一般的イメージでした。

 

インターネットが主流になってから

機械を使わずに

ネット上でFAXの送受信ができる

インターネットFAXが登場しました。

 

インターネットFAXは、

インターネット上で

FAXのやり取りをするので、

 

まるでメールのような感覚

FAXの送受信ができるのです。

 

 

 

 

FAX機器での送受信はマナーが多くて大変!

 

f:id:kyds:20180123131946j:plain

 

 

以前のようなFAXだと、

ビジネス上でやり取りをするときには、

決まりごとが沢山ありました。

 

例えばFAXの送信前には

あらかじめ電話をして、

「今からFAXで書類を送ります」と

伝えてから送るのが一般的でした。   

 

そして一枚目には

先方側に送った内容が

すぐにわかるように

「送信状」を添えて送っていました。

 

 

f:id:kyds:20180123152604p:plain

 

 

送信状に記すことは、

下記のような内容です。

 

・送信日
送信先(担当者名・担当部署名、FAX番号)
・送信元(会社名、送信者名、住所、電話番号、FAX番号)
・件名
・要件
・送信枚数 

 

これらは必須項目です。

 

他にも、

複数の書類を送るときには

全ての書類にページ数をふり、

確認する順番がわかるように

送っていました。

 

個人宛にFAXを送る場合は、

電話機の音が鳴ってしまう

場合があります。

 

そのような理由で、

夜中には送らずに

時間帯にも気を遣う必要がありました。

 

また、万が一誤送信があると

トラブルに発展したり、

個人情報や機密情報を

漏らしてしまうなどの

信用問題にも関わっていました。

 

 

インターネットFAXのメリットとは具体的に何か?

 

 

インターネットFAXを使えば、

デジタルデータとして

送られてきますので、

担当者宛に直接送ることができます。

 

これまでのFAXのように

印刷された紙が

行方不明になってしまって

確認漏れが起こることも

なくなることでしょう。

 

インターネットFAXであれば、

FAX機器は不要です。

 

出先であっても

PCかスマホを持っていて

インターネットに繋がりさえすれば

リアルタイムでFAXの確認ができます。

 

 

f:id:kyds:20180123153313j:plain

 

 

届いたデータは

必要なものだけを印刷できます。

 

管理の仕方も自由自在です。

そのままパソコンに保存するか

クラウドサービスに

保存することもできます。

 

紙やインク代、電気代などの

コストの削減にもなります。

 

そして、デジタルで届いたFAX資料は

違うパソコンに転送したり、

別の人に転送もできます。

 

 

 

 

インターネットFAXで今後の活動範囲が広がるかも!

 

 

インターネットFAX

利用するために必要なものは

インターネット環境と

パソコンやスマホのみです。

 

専用のアプリをつかったり、

ブラウザ上で確認できたりと

サービスによって様々です。

 

以前のFAXは機器も必要だから

準備できなかったという

自営業者の方なども、

 

インターネットFAXなら

新たな取引相手とも

FAX上のやりとりが可能になり、

世界が一つ、広がるかもしれませんね。